群馬の高崎観音とだるま弁当

私は群馬というと、やはり高崎の印象が強いです。
以前、友人と高崎観音に行きました。

電車で高崎駅に降りたら、向こうに高崎観音像が見えました。
そこで、私たちは高崎観音まで歩いていくことにしました。

大きい像だったので割とすぐに行けるかと思ったのですが、想像以上に時間がかかってしまいました。
実際には駅から7キロくらい離れていたようです。

しかし、到着した時はその大きさに驚きました。
ですが、たくさん歩いて高崎観音を拝むことができたので、良い思い出として心に残っています。

また、私が好きな駅弁の一つがだるま弁当です。
赤いだるまの容器は、食べ終わった後に貯金箱として使うことができます。

私が最初にこのだるま弁当を食べたのは、中学校の修学旅行の時の電車の中でした。
その時の味が美味しく、それから何度か食べる機会がありました。

おそらく今でも昔のままの味わいが楽しめると思います。
最近食べる機会がなく、スーパーで駅弁フェアをやっていても、そこになかなか登場しないので残念です。

だるまは商売繁盛のために、買い求めにやってくるお客さんもたくさんいます。
以前は私の実家も自営業をしていたので、家にはいつも高崎だるまが鎮座していました。
また、ある会社に勤めていた時も、高崎だるまを置いていました。

(By 温子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です