群馬の日本一のモグラ駅「土合駅」

群馬県で私がヘビーローテーションしているコースがあります。それが日本一のモグラ駅の土合駅です。

土合駅には水上ICを降りて車で20分程走ると着きます。

駅なんですが、駐車スペースは広く自由に停めれます。

駅舎はまるで山小屋のようにレトロで、電車の本数も1~2時間に1本と行ったところです。土合駅は地上ホームもあるのですが、目玉は地下駅です。

地下ホームの階段入り口までは駅舎から200m以上廊下を歩いたとこにあります。

駅舎が古いせいかまるで廃墟を歩いているような気分になります。ただ、窓から太陽の光が差すので薄気味悪いという印象は不思議と起きません。

長い廊下を抜けると、突然白熱灯で燦々と輝く地下ホームへと繋がる異世界の入り口が見えてきます。

地下ホームまでは、階段にして400階以上あり日本一のモグラ駅と称されるだけあり深いです。階段の幅は15mくらいはあり、複数人がすれ違える階段です。

その階段は白熱灯が等間隔に並び明るく照らしています。ですが、そんな広い階段に行き来する人間がいないため、まるで核戦争によって絶滅したSF世界の地下都市への入り口に立ったような気分になります。

言うなればAKIRAの世界に迷いこんだような錯覚をその時点で持ち、世の男子ならこの階段に胸が踊ること間違いないと思います。

地下ホームまでは10分ほど歩くと到着し、夏でも涼しく感じます。ホームからは真っ暗闇なトンネルを覗くことができ、オレンジのライトがホームを照らします。

その雰囲気は静かに銀河鉄道を待つ乗客気分にしてくれます。私は、このSF気分を味わうために何度も土合駅に足を運んでしまうのです。

(by ニック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です