群馬・伊香保温泉の石段街で、情緒ある温泉街を満喫しよう!

伊香保温泉といえば、草津温泉と並んで群馬県を代表する温泉の一つ。

伊香保温泉では温泉宿が軒を連ねていますが、それ以外にも街のあちこちで足湯や入浴施設が見られます。

そんな伊香保温泉に旅行に行ったら、ぜひ石段街に足を運んでみてください。

365段もある石段の両側には、お土産屋や飲食店が立ち並び、温泉街の情緒を感じることができます。石段には歌人・与謝野晶子の詩が刻まれていたり、12支の動物が刻まれていたりします。

子どもと一緒に歌や動物を探しながら登っていくのも良し、階段を一段一段数えながら登るのも良し、いろんな楽しみ方ができます。また、階段の途中のお店には、竹細工や布製品などの民芸品が多く取り揃っているので、お土産探しには最適です!階段を上るのに疲れたら、途中の飲食店で休憩してもいいですし、伊香保名物の石段玉こんにゃくを食べながら上るのもまた楽しいものです。

(ただ、階段を上るにつれて道幅が狭くなっていきますので、持っている食べ物を他の人につけてしまわないよう、注意してくださいね。)

階段を上り切ると、温泉と医療の神様が祭られている「伊香保神社」があります。近年は縁結びの神様としても注目されているそうなので、ぜひ訪れてみてくださいね!

(byひろ☆彡)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です