群馬のランドマーク群馬県庁舎から見る山々の景色は一見の価値アリ

前橋を訪れる機会があったら、ぜひ一度訪ねておきたいスポットが群馬県庁舎です。地上33階立ての高層ビル は東京都庁大阪府庁に次ぎ県庁舎としては一番高い建物で、周囲には遮る建物が何もなく群馬県の風景を一望 することができます。

前橋駅からおよそ2kmの利根川沿いにあり、アクセスは車で5分、歩くと20分くらいのところです。

県庁に到着したら、広々とした芝生広場で群馬のマスコットキャラ、石造りのぐんまちゃんが、まずはお出迎え。
直通のエレベーターで32階の展望フロアーへ向かうと、360度見渡す限りの絶景が。

誰でも無料で入れるのが 嬉しいところです。

ひょっこりと榛名富士の覗く榛名山系、山裾がなだらかに続く赤城山、浅間山、谷川岳、秩父山系など美しい山々の 姿がドーンと迫ります。

眼下には前橋市内の風景や、雄大な利根川の流れを望み、群馬県の姿をまるで山の展望台か ドローンから見ているかのように堪能することができて、とても清々しい気分になれます。

ひとつ下の階には和洋のレストランがひとつずつと、観光物産展示室があり、休憩用の椅子もあるので、こちらの スペースでゆっくり座りながら群馬について詳しく知るのも良いですね。

また、気づかないとうっかり通り過ぎてしまう
のですが、26階の吹き抜けスペースに群馬県のジオラマがあって、これが面白いです。
中に入ることができるので、群馬を踏みしめながら体感できてオススメです。

旅行好きな方、山々が好きな方、地理好き、ジオラマ好き、高いところが好きな方、などなどいろんな方が楽しめる、 そんな群馬県庁の展望フロアです。

夜間も22時まで開館しているので、デートで夜景を見に来る方も多く、夜の眺望も なかなか素晴らしいようです。無料だから仕方ないのですが、展望フロアは空調が弱めなようで、7月に訪ねたとき 蒸し暑くてじっとりと汗をかいてしまいました。

なので、空気が澄んで眺めが良い冬場に訪ねるのがオススメです。

(by たびくま55)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です