群馬の「たんばらラベンダーパーク」は、身体心も癒されるスポットです!

群馬の中心部からは少し外れますが、もし水上方面に行ったならば、ぜひ足を伸ばしてほしいのが「たんばらラベンダーパーク」。夏になるとラベンダーが一斉に咲き誇ります。

公園内は全体的に緩やかな坂道になっていて、歩いて上ってもそれほど疲れることはありませんが、もしよければぜひ入場口付近から出ているリフトを利用してみてください。

片道10分ほどの乗車ですが、足元を見ると水芭蕉の花が咲いている様子を見ることができ、心地よい風に吹かれながら坂を上っていくことができます。

リフトから降りると目の前には長く続くラベンダー畑。

高原のすずしい風に乗って、ラベンダーのいい香りを感じることができます。

ラベンダーを眺めながら坂道の一番奥まで歩いていくと、そこには大展望台が見えてきます。振り返るとラベンダー畑が遠くまで広がっており、気分が爽快になること間違いなしです。

入場口のそばにはレストランや売店があり、爽やかな風味のラベンダーソフトが味わえます。

また、ラベンダーを使ったポプリやお茶などが数多く揃っていますので、家に帰ってからも癒されるお土産を見つけることができます。

ラベンダーは7月上旬から8月下旬まで楽しめるので、夏の旅行にピッタリです。

(by ひろ☆彡)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です