群馬県みなかみにあります、たくみの里を紹介させて頂きます。

場所は、関越自動車道の月夜野ICを降りて、北に向い猿ヶ京温泉の手前くらいの所に位置し、道の駅を拠点とした、とても風情のある街並みが一帯に広がっております。

点々と建っている家では、それぞれが体験できる工房や手打ちそば、お面作りやパワーストーン等々、1日いても飽きることの無い、街全体で楽しむことができる場所です。

宿泊施設も数件ありますので、駆け足で回るよりは、時間をかけてゆっくり周りの田舎の景色を眺めながら回られる事をお奨めいたします。

中央に位置しております道の駅では、レンタルサイクルもあり、さらには里全体を回ってのスタンプラリーもあります。

スタンプラリーの終点は、里の北側に位置する泰寧寺と言う、とても味わい深いお寺があり、本殿までは少々階段がありますが、いってみる価値はあると思います。

夏には、こちら泰寧寺ては、ホタル鑑賞会が開かれ、自然のホタルが飛び交う姿はとても美しいです。
里には、食事処もたくさんあり、お奨めはそば粉十割の手打ちそばに季節によりますが、舞茸の天ぷらがとても美味しく、訪れたときは必ず頂くようにしています。

まだ、冬に訪れたことはありませんが、写真や絵ハガキで見ますと、雪景色もとても素晴らしそうなので、ぜひとも冬のたくみの里も伺ってみたいと思います。

(by ヤマニン)