駐車場に車を停め歩き出すと、様々なお店が建ち並び美味しそうな群馬名物が揃う中、突き当たりには、綺麗な煉瓦作りの建物が見えてきます。

その外観すでに歴史を感じ、門の前には趣のある看板と懐かしいポストがあり、もう時代は移り変わったかのでした。

そして中に入場し、記念撮影まで係の人がしてくれ嬉しい記念となりました。

様々な施設を見て周り、中には生きた蚕の展示等があり楽しみながら見れました。

中でも繰糸所内部の自動繰糸機の様子は圧巻で、ずらっと並んでおり、ここで当時の人達が作業をしていたのかと思うと、なんとも言えない気持ちになり同時にここから日本の近代化か進んでいったのだなと、感慨深い気持ちなりました。

そしてその自動繰糸機の動力の元となったブリュナエンジンが、復元された状態で置いてある施設もあり、実際に動いている所が見れて凄い迫力でした。

しかも原寸大で復元されていて、ここまで大きいのなら沢山の機械を動かせるのだなと納得できました。そこでモーターの事について説明してもらえたりと、解りやすく知る事ができてより一層、今まで知る事のなかった事を知れて良かったです。

製糸場の様々な場所を巡り、当時の事を知りながら暖かい説明をしてもらえた事は勉強にもなりましたし、歴史を感じる建物が残っている事で更に興味深い場所となりました。

(by 一太)