武田信玄の侵攻を幾度なく防いだ難攻不落の城 群馬 箕輪城

◆箕輪城の概要
箕輪城は群馬県高崎市に位置する、日本100名城として選出されている群馬県の中でも有名な城の1つです。
箕輪城自体は約500年前に長野業尚によって築かれた名城で、現在は井伊直政在城当時のものが城跡として残されています。
また、昭和62年に国指定史跡に指定されており、良く整備されています。
城跡では、広範囲にわたる敷地内に散策コースが設けられ、四季折々の自然も楽しむことができます

◆箕輪城の歴史
築城年代は定かではないが、永正年間初頭(1505年)頃に長野業尚によって築かれたとされています。

長野氏は関東管領上杉氏に従っていましたが、上杉氏が次第に勢力を弱めたため、長野業政は西上野の中心的な存在となった。

一方、西上野侵攻を目指す甲斐の武田信玄の存在もありましたが、長野業政は西上野の国人衆らと固く守ってこれを許しませんでした。そのような侵攻が繰り返される場がこの箕輪城でした。

最終的には、永禄4年(1561年)長野業政が没して長野業盛が家督を継ぐと、武田信玄の西上野侵攻も激しくなり、永禄9年(1566年)ついに箕輪城は落城し、長野業盛は自刃して果てました。

その後は、天正18年(1590年)豊臣秀吉による小田原征伐の後、関東に入部した徳川家康の家臣井伊直政が十二万石で入城しました。

そして、慶長3年(1599年)井伊直政は高崎城を築城し居城としたため、箕輪城は廃城となりました。

◆箕輪城の特徴
箕輪城は、榛名白川によって削られた河岸段丘によって出来た平山城です。城の西には榛名白川、南には榛名沼があり、両者によって天然の堀が形成されています。城の敷地は、当時、東西約500メートル、南北約1,100メートル、面積約47ヘクタールにおよぶ広大なものであり、現在にのこる遺構としては、石垣・土塁・空堀の跡が確認できます。

群馬の高崎にある観音山ファミリーパークが家族連れに大人気♪

群馬県高崎市にある観音山ファミリーパークは、家族連れで楽しめるオススメの場所です。

広い敷地の中に子供が楽しめる遊具があります。長いローラー滑り台は週末になると子供が列を作り並んでいて、大人気です。大人も子供の付き添いで滑れます。

夏になると足元から噴水が出て子供が裸足で遊べる噴水広場があります。(※濡れるので着替えが必要。)

ふわふわドームも子供たちに人気です。ここならではのサービスだと思ったのが、小さな子供が自転車を無料で借りられることです。

ペダルがない自転車なのですが、子供はとても楽しんで運転してくれます。イベントも時々開かれており、先日はハロウィーンのイベントがあり、私達家族と親戚の子供と一緒に参加してきました。

みんなで体操をしたり、地元のパンの販売もしており、子供も楽しめたようです。赤ちゃん連れには、授乳やオムツ換えができるところがあり助かります。

自然の中を散策できるコースやバーベキューができる場所もあり、大人も楽しめると思います。入園料もかかりませんし、駐車場も無料で停める場所もたくさんあります。

春には桜並木が見られ秋には紅葉も楽しめます。緑に囲まれている場所なので、大人も気持ちよく過ごせるオススメの場所です。

(byりんりん)

群馬の高崎経済大学の学園祭

群馬県の高崎経済大学では三扇祭と呼ばれる学園祭が開かれています。この三扇祭は毎年11月1日から三日間開かれています。

去年はゲストとして「ガンバレルーヤ」やエンタの神様で有名な「ですよ。」が招かれていました。

芸人たちがステージ上でネタを披露したり、観客達と交流していてとても楽しい時間でした。

しかし、ステージ付近は芸人たちの声を聞き取りやすくするためにスピーカーが設置されているのですが、このスピーカーの音がものすごくうるさかったです。

仕方のないことですが、大きな音が苦手な人にとっては非常に辛いと思います。

また、大学構内では露店が開かれており、ホットドックやおでん、焼き鳥など色々なものを食べることが出来ます。

購入する際は現金で、購入券などが必要ないのはとても便利でした。この三扇祭が開かれている間は非常に大学構内の駐車場が混んでいるので車で来ることが出来ません。

最寄りの駅が北高崎駅で高崎経済大学から徒歩20~30分くらいかかるので、近隣住民の方々がほとんどでした。

小さい子供向けにストラックアウトや的あてなどの露店もあるため、親子で来ている姿も見られました。

今年はゲストとして「みやぞん」が来るらしいので私も三扇祭に行ってみたいと考えています。

(By せんたろう)

群馬の高崎観音とだるま弁当

私は群馬というと、やはり高崎の印象が強いです。
以前、友人と高崎観音に行きました。

電車で高崎駅に降りたら、向こうに高崎観音像が見えました。
そこで、私たちは高崎観音まで歩いていくことにしました。

大きい像だったので割とすぐに行けるかと思ったのですが、想像以上に時間がかかってしまいました。
実際には駅から7キロくらい離れていたようです。

しかし、到着した時はその大きさに驚きました。
ですが、たくさん歩いて高崎観音を拝むことができたので、良い思い出として心に残っています。

また、私が好きな駅弁の一つがだるま弁当です。
赤いだるまの容器は、食べ終わった後に貯金箱として使うことができます。

私が最初にこのだるま弁当を食べたのは、中学校の修学旅行の時の電車の中でした。
その時の味が美味しく、それから何度か食べる機会がありました。

おそらく今でも昔のままの味わいが楽しめると思います。
最近食べる機会がなく、スーパーで駅弁フェアをやっていても、そこになかなか登場しないので残念です。

だるまは商売繁盛のために、買い求めにやってくるお客さんもたくさんいます。
以前は私の実家も自営業をしていたので、家にはいつも高崎だるまが鎮座していました。
また、ある会社に勤めていた時も、高崎だるまを置いていました。

(By 温子)