群馬の草津温泉の湯畑は映画の世界でした

群馬の草津温泉へ行き、湯畑見学をしました。草津温泉はテルマロマエ2の舞台となったため映画を観て知ってましたが、目の前で映画で観た景色と同じ景色を見ることができ、大興奮。中央に湯畑があり、その周辺にお土産屋さんや旅館、飲食店などが並んでいて1周することができます。

近年一部の施設が新しくなったようです。湯畑を覗くとエメラルドのような色の湯の花の塊が分厚くつもっていて、そこを沢山の温泉が流れています。ここから各温泉宿にお湯が支給されるとのこと。

幻想的な雰囲気を楽しむことができました。更に湯畑近くでは、湯もみ体験ができる体験施設があり湯もみを観たあと、実際に私も参加させていただきましたが、木の薄い長い板を扱うのは見た目以上に難しく、周りの人とタイミングを合わせるのも大変で面白い体験となりました。

夜に旅館で食事を済ませ再度湯畑散策に行ったのですが、昼間見た景色とはまた違った雰囲気で2度目の感動。

ライトアップされた湯畑から出る蒸気がとても幻想的で綺麗でした。

湯畑は昼の顔と夜の顔を持っているんですね。

歩く人々も夜は旅館の浴衣を着た人がとても増えていてまたその雰囲気が昼間の騒がしい雰囲気とは違い素敵。

2度楽しむ事ができました。

(by COCO)

草津温泉のおもいで♪落語とお土産がとってもよかったです

私は関東近郊に住んでいる女性です。

仕事に追われて長期の休みがなかなか取れません。
しかし、群馬県の草津温泉なら車で約二時間弱。
気が向くと出掛けて行って楽しんでいます。

群馬県草津温泉の「湯畑」はとても有名で人気です。
硫黄の香りが漂っていて温泉に来た気分が満喫できます。

中でも特に私のお気に入りは「熱の湯」です。
温泉自体も体の中からホカホカ。
とても温まります。
その他、毎日20時から落語が聞けるステージがあって、お値段は一席千円。
都内へ行って楽しむのも良いのですが、ここなら雰囲気も味わえます。
この、熱の湯は他にもジャズライブもあるとか。
今度行ったときにはそちらも楽しんでみたいと思っています。

「西の河原通り」を歩くと、お土産やさんがたくさん並んでいました。
特に私が楽しかったのは「草津ガラス蔵二号館」です。
思わず購入したのはお醤油を入れる小瓶。
ガラス細工で本当に可愛い!
家で大切に使っています。

「草津温泉湯上がりかりんとう」というかりんとうが売っていて、味もサクサク、カリカリで美味。
パッケージが色とりどりの柄で目移りしてしまいます。
お土産にぴったりだったので、いくつも買ってしまいました。
温泉まんじゅうは「味の元祖長寿店」というところで買いました。
茶色、白、緑色、と三種のおまんじゅうが甘くて美味しかった。

群馬県草津温泉、隅々まで楽しめて最高でした。

(By れい)

群馬草津湯畑について

湯畑は、草津温泉のシンボル的存在であり、温泉を木製の桶に掛け流して、温度調整や湯の花を採取する役割を担っています。

旅行へ行ったときに硫黄の匂いと湯けむりのすごさに唖然としました。湯畑には足湯がありいつでも人が一杯です。

足湯の他にも、湯畑の周りには居酒屋・焼き鳥屋・お土産屋・セブンイレブンがあり、セブンイレブンはなぜかレジが混んでいるほどお客が沢山いました。

他にもお饅頭屋があり、1件1件お店を周ったらアッという間に時間が経ちます。

特に、本家ちちやのお饅頭は蒸したてのお饅頭を食べることができ、アツアツの温泉饅頭の味は、ひと味もふた味も違いした。

他にもお饅頭屋は数件あるので味の食べ比べするのも良いかと思います。

ただし21時に閉店してしまうので注意して下さい。

食べ歩きの他にも少し歩いた所に、「熱乃湯」があり、大人600円、子供300円で湯もみショーの見学・体験ができます。

午前中は9:30から午後は3:30から合計6回開催されますが、いつでも長い列ができるほど人気なので注意が必要です。

さらに、近くに無料の温泉があるそうです。

また夜になるとライトアップされ湯気と合わさりとても幻想的になるので、昼と夜の両方に行くのも良いかと思います。